プロフィール

横井一江

 

北海道帯広市生まれ。1988年より『ジャズ批評』、『intoxicate(旧musee)』、『ユリイカ』、『Cadence』 (USA) を始めとする雑誌、ニューズレター、CDのライナー・ノート、ジャズ祭のプログラムなどに執筆。最近は『CD Journal』、またウェブ・マガジン『JazzTokyo』にも隔月の表紙写真&連載フォト・エッセイReflection of Music他、数多く寄稿している。(JazzTokyoの記事はコチラ>>>

現代の音楽シーンの流れを見つめ、それをリアルタイムで体験すべくライヴに足を運ぶばかりではなく、メールス・ジャズ祭、ベルリン・ジャズ祭などの海外のジャズ祭を約20年に渡って取材、海外の音楽シーンを紹介している。1989年からは主にジャズ祭などでミュージシャン、ステージ写真を撮影。雑誌、書籍、CDジャケットなどに掲載・使用されたものも多い。

多く手がけてきたインタビューには定評がある。変化する時代の中でミュージシャンは何を考え、どのような創造活動をおこない、どう音楽シーンの変化に関わってきたのか、その証言を得るべくインタビューした相手は、ミシャ・メンゲルベルグ、ジョルジォ・ガスリーニ、アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ、エヴァン・パーカー、ハン・ベニンク、バリー・ガイなどのヨーロッパの主要ミュージシャンはほとんど、その他にも佐藤允彦、サインホ・ナムチラクなどベテランから新進気鋭のミュージシャンまで幅広い。
また、1996年ベルリン・コンテンポラリー・ジャズ・オーケストラの来日に際しては、実行委員会のメンバーとして尽力し、ライヴCD『Live in Japan '96 / Berlin Contemporary Jazz Orchestra』(DIW-922) の制作に関わる。他にもドイツ年協賛企画『伯林大都会-交響楽 都市は漂う~東京-ベルリン2005』、横浜開港150周年企画『横浜発-鏡像』などをコーディネイト。

2002年~2004年フェリス女学院大学非常勤講師(音楽情報論)を務めた他、公開講座などにも招かれている。2007年9月コロンビア大学ジャズ研究センター主催で開催された「Columnia/Harlem Festival of Global Jazz」と題したフェスティヴァルの一環として、The Jazz Journalist Assocoationの協力の下でおこなわれた「Jazz in the Global Imagination」と題した世界初の国際ジャズ・ジャーナリスト会議に招待される。

2011年5月25日から6月6日まで横井一江写真展「革新者たちの肖像」をアップリンク・ギャラリーで開催。ミシャ・メンゲルベルクの80歳記念イベントのひとつとして2015年6月4日から開催される写真家/デザイナーのフランチェスカ・パテラのディレクションで各国の写真家が撮影したミシャの写真を展示するグループ展「MISHA CRISS CROSS」に参加。

著書に『アヴァンギャルド・ジャズ ヨーロッパ・フリーの軌跡』(未知谷、2011年)。Web magazine"JazzTokyo"前編集長(#201~#209)。

趣味は料理。The Jazz Journalist Association 会員。

 

ブログはコチラ>>> http://kazueyokoi.exblog.jp/